皆様、こんにちは。季節性インフルエンザとコロナウイルス感染症の流行に備え、当院での発熱及び咳症状のある患者様の対応を策定しましたのでご報告申し上げます。

 

 基本的にインフルエンザなどを強く疑う高熱の患者様は夕診の一般外来の患者様がおられない時間帯で対応します。必ずお電話で確認ください。ただ、どうしても午前中など早めに処方(インフルエンザ薬等)を受けたい場合、待合室に入らず院外でインフルエンザの検査を行ったり、症状の判断から処方を行うことは可能です。電話にてご相談ください。(当院では原則コロナウイルス感染症の診断検査は行いません。コロナウイルス感染症検査をご希望になる方は、神戸市のホームページに記載のある他の検査可能な診療所、病院などで受診になるようお願い申し上げます。)

 

 しかし、我々の診療所は内科全般、消化器内科全般を診療しており、季節性感冒以外の急を要する患者様の診療は通常通り行います。そのため、発熱等がありましても、お電話で十分に病状を確認をした上で日中に必要な検査や診察をさせて頂きます。また、発熱、咳症状のない潜伏感染状態のコロナウイルス感染症の方もいると考え、当院では微熱や、少し鼻水が出る、軽い喉の痛みなどの軽い症状の方であっても待合室で待って頂かず、隔離対応をさせて頂きますので、少しでも感冒症状がある方は必ず外部よりお電話で問い合わせ頂きますようにお願い申し上げます。予約なしで来られますと待ち合い室でお待ち頂くことは出来ませんので、外で待って頂くか、いったんお帰り頂くこともございますことをご了承ください(長時間お待ち頂くことがありますので、お車で来たり、温かい格好でお越しになるなどのご対応をお願い申し上げます)。また、咳症状が強い方は院内への立ち入りをお断りすることもございますので、あらかじめ呼吸器内科専門病院などを受診されることをお勧め致します。

 

 我々は、通常の発熱患者様、例えば、虫垂炎、感染性腸炎、胆のう炎、細菌性の扁桃炎、咽頭炎、膀胱炎、腎盂腎炎、肝炎など挙げればキリがないほどの発熱患者様に対応しています。発熱しているというだけで発熱外来に回され(多くは一日の最後の診療時間に設定され、30分に1人ずつ診察)、診断や治療のタイミングを遅らせることはあってはならないと思っております。ご理解、ご協力賜りますようお願い申し上げます。コロナウイルス感染症などの可能性のある方を診察出来ないというこの決断は、内科医として非常に苦しいものであり、早く感染症専門外来などが設置されることを切に望みます。

 

青野クリニック 院長 青野 悟志